月別アーカイブ: 2017年12月

新築より中古物件のほうが高利回り

副業として人気の高い不動産投資は、いろいろな投資ジャンルと見比べてみても、とりわけ引き付ける力があることが理解できると思います。このことが多くの人に伝わり、投資を始めて日が浅い人でも不動産投資に挑戦する人が多いのでしょう。

比較的少額の資金で大丈夫で、始めやすいマンション投資は、どんな年代の人にも受け入れられているのです。若者の中には、定年した後の収入源にするということでマンションを買う人も少なくないのです。

自分自身が暮らしていくのであれば、傷や汚れのない新築がいいように思いますが、投資をするのであれば、むしろ「中古の物件のほうが高利回りが期待できる」とされていることもマンション経営の難しさであり面白さなのです。

マンション経営の成果として望ましいのは、入居者が希望して買ってくれることだと考えて間違いないと思います。それを考えれば、細部まで管理に力を入れている物件を投資先にするようにしたいですね。

不動産を購入して賃貸経営をしている人というのは、普通入居者を募集する手を打ったり退去に関する手続き、およびメンテナンスなど物件の管理に関する業務を、管理会社に委託していると聞いています。

不動産投資は、不動産会社だとか管理会社にお任せできるので、不動産の大家になる賃貸経営は特段何もせず利益をあげることに繋がります。「会社員のままで、賃貸経営の方も利益をあげている」人が結構見られるのも腑に落ちますよね。

収益物件に関して、賃借人のいない物件のことを空室物件と言ったりします。だれも入居していないわけですから、直ちに入居者募集の広告を打たなければいけないということがありますが、契約する前に室内をチェックできるという利点もあります。

サブリース(一括借り上げ)というものは、契約により家主に一定額の家賃が支払われる期間がはっきり決められています。契約期間に関しましては大抵2年で、賃貸料の金額は再契約時に変えられるということです。

一括借り上げで注意すべきなのは、2年に1度などの更新で賃料が下げられることが一般的であることと、長く契約を維持するには、有料でメンテナンスをやってもらうことが必要であるということだと聞きます。

収益物件とは、だいたい家賃という収入をもたらす物件のことを指しています。しかし、収益物件には賃貸料で儲けようというのではなく、高くなった時に売ることで利益を生み出してくれるというような投資物件も存在します。

不動産投資セミナーにも工夫が見られ、特定の人を対象に限定的に開かれるというようなセミナーも多く、中には参加資格は女性限定で、区分マンションに関する税金を解説するようなセミナーがにぎわっていたりするようです。

不動産投資において資料請求することには問題ありませんが、記されている利回りの値に惑わされたら危険です。ほとんどの利回りが、これから賃料が下がる可能性などは無視していると言えるからです。

人気のある不動産投資も、過ちをおかすことがあります。その理由は、多くの物件を内覧しないまま、急いでチョイスして購入契約を結んでしまうからだと考えます。

不動産投資については、自分自身で物件をいくつぐらい見たのかがキモでしょう。というわけなので、初めは魅力のない物件が多くていらいらすることもあるかも知れませんが、とにもかくにも資料請求を行うということは有益です。

不動産投資は、せっせと資料請求を行っていろんな物件を見て回ることにより、目を肥やすことができるので、スタートは早ければ早い方がベターです。